Windowsリアルタイム制御のプライムモーション(Home)

 

 

Windowsリアルタイム制御を


安く、簡単に、速く、導入する方法とは

 

このぺージに初めてお来しの方、

・Windowsでは、まともなIO制御はできない

・Windowsでは、1msレベルのしっかりした制御は難しい

・INtimeやVxWorksなどのリアルタイムOS導入なんてとても無理

とお考えと思います。

確かに、「このページを見るまでは、、、」そうでした。

しかし、

当社は、その業界常識をひっくり返しました。

Windowsで高速IO制御のハードルを限りなくゼロに下げました。

製品がお手元に届いたその日から、Windowsで高速IO制御ができます。

職場のみんなが、簡単に、Windowsで高速IO制御ができます。

その製品は、「MOS Bench(モスベンチ)」といいます。


 

例えば、コンテックのDIOカードの制御波形を比較してみましょう。

5ms毎、オン、オフを繰り返してみます。

 



上段がMOS Bench(モスベンチ)を使ったリアルタイム制御波形

下段が、見慣れたWindows制御の波形。制御になっていません。

大きな違いがあります。

MOS Bench(モスベンチ)は、

Windows上で簡単にリアルタイムIO制御ができるプログラム開発環境です。


MOS Bench(モスベンチ)が入荷した日から、

Windowsで、

・モータ位置決め

・ディジタルIO

・アナログIO

・232C

のリアルタイム制御ができます。

その理由は、MOS Bench(モスベンチ)が、以下の3つのしくみから成り立っているからです。

1、Windowsをリアルタイムに拡張するソフトウェア

2、お客様のIO制御プログラムをリアルタイムに翻訳して実行する「高速翻訳」ソフトウェア

3、ディジタルIO、アナログIO、COMポートのデバイスに対応するソフトウェア

見ためは、Windowsのソフト。

しかし、

「高速翻訳ソフト」の管理のもとで、

お客様のIO制御プログラムが動きます。

Windowsの顔なのに、思うがままにIO制御ができるのです。

くわえて、お客様が制御している

IOの動作波形をリアルタイムに1msサンプリングして、

Windows画面でその瞬間に観測できるソフトウェア も入っています。




上から、モータ速度、DOUT、DAの波形です。

横軸は、1目盛が100msになっています。

世の中では、Windowsパソコンで、手軽にこんなきれいな制御ができているのに、

「自分にできるわけがない!」

と、あきらめていませんか?


ちなみに、Windowsで制御すると、これです。



ところどころ、平らな部分ができます。

Windowsがじゃまをしています。

プライムモーションのコンセプトは、

みんなが、簡単にWindowsで高速IO制御プログラムを開発できる

ということです。

そして、

「エンジニアのみなさんは、

じゃまなWindowsのお世話に、ムダな時間を使わないでください。

ここまで読まれて、「いい話ばかりで、悪いところはないの?」

と感じていると思います。

確かにデメリットがあります。

機能を機械制御に絞って簡単にしたため、

リアルタイムの高速制御ができる対象カードは、限られています。

・コンテック社DIN、DOUT、DA、AD、COMカード

・エニイワイヤ社のリモートIOマスターカード

以下に表を示します。

PCIカード;

機 能 メーカ 形 式 備 考
DIO CONTEC PIO-16/16L(PCI)H 16IN,16OUT
DIO CONTEC PIO-32/32L(PCI)H 32IN,32OUT
DIO CONTEC PIO-32/32F(PCI)H 32IN,32OUT
高速
DIO CONTEC PIO-32/32T(PCI)H 32IN,32OUT
TTL
DIO CONTEC PIO-64/64L(PCI)H 64IN,64OUT
IN CONTEC PI-128L(PCI)H 128点IN
OUT CONTEC PO-128L(PCI)H 128点OUT
AD CONTEC AD16-16U(PCI)EH 16bit16ch.
1us/ch(保守品)
AD CONTEC AD16-16U(PCI)EV 16bit16ch.
1us/ch
DA CONTEC DA12-4(PCI) 12bit,4ch
DA CONTEC DA12-8(PCI) 12bit,8ch
DA CONTEC DA12-16(PCI) 12bit,16ch
COM CONTEC COM-2(PCI)H RS-232C,2ch
COM CONTEC COM-4(PCI)H RS-232C,4ch
COM CONTEC COM-8(PCI)H RS-232C,8ch
省配線 AnyWire AP48-01 1024IN,1024OUT
62.5kHz,全4重モード,Word-Bus


PCI Expressカード;

機 能 メーカ 形 式 備 考
DIO CONTEC DIO-1616L-PE 16IN,16OUT
DIO CONTEC DIO-3232F-PE 32IN,32OUT
DIO CONTEC DIO-3232T-PE 32IN,32OUT
TTL
DIO CONTEC DIO-6464L-PE 64IN,64OUT
IN CONTEC DI-128L-PE 128点IN
OUT CONTEC DO-128L-PE 128点OUT
AD CONTEC AIO-161601UE3-PE 16bit16ch.
1us/ch
COM CONTEC COM-2C-PE RS-232C,2ch
COM CONTEC COM-4C-PE RS-232C,4ch
COM CONTEC COM-8C-PE RS-232C,8ch
ご注意)
1、ADカード上のDA、DIO、カウンタは使用できません。
2、DAカード上のタイマ、トリガ入力は使用できません。


ご要望により、じょじょに対応カードを増やしてきております。

さて、

Windowsパソコン1台でしっかりとした高速制御をしたい方、

CONTEC社のIOカードを差して、

「MOS Bench(モスベンチ)」をインストールすると、

簡単に以下の出力波形が得られます。

 



プログラムは、これだけです。


void main()
{
    int b;
    b=0;
    while(1){
      // LEDを点滅 約100Hz
      if ( (b % 2) == 0 ) {
      WritePort( 2113, 1 );
      }
      else {
      WritePort( 2113, 0 );
      }
      b = b + 1;
      Sleep(5); // 5ms 休み
   }
}



プログラムを並列にリアルタイムに実行することも簡単です。

「リアルタイムOSって何だ?」

「マルチタスクって何だ?」

と、わざわざ、勉強しないでください。

「MOS Bench」がお手元に届いた日から、

リアルタイムの並列動作(マルチタスク)ができてしまいます。

・簡単なプログラム

・安い導入コスト

で、

・高速、高性能

が得られてしまう「MOS Bench(モスベンチ)」には、

あなたの想像を超えた世界があります。



このページを「素人ぽいから」、「小さい会社だから」、「無名だから」と無視するのは、簡単です。

でも、

・簡単なハード構成

・簡単なプログラム

で、高性能が得られてしまう技術が目の前にあります。

いかがされますか?



当社は、

会社案内のページにありますが、東京工業大学の大学院修士課程を修了した代表取締役が創業した、高度技術開発会社です。

27年間、工場内で使用する産業用システムの開発をして、制御の解決策の提供をし続けています。

WindowsリアルタイムIO制御を始めて、13年目になりました。

ソフトは安定しています。

性能と使いやすさは、ピカイチです。

技術サポートも親身です。社長のブログを見ていただいて、人間性をしっかり吟味してください。

技術は、確かそう。実績もありそう。性能も良さそう。売りっぱなしじゃなさそう。

さあ、

あなたは、この瞬間、どのような行動を始めますか?

まずは、情報収集!

あなたの選択肢が広がって、判断のプラスになります。

何も損にはなりません。



今すぐ、MOS Bench(モスベンチ)の価格を知りたい方は、

  • 「MOS Bench 価格表」 ダウンロード



  • 今すぐ、パソコンベースコントローラの動向を知りたい方は、

  • (資料)「パソコンベースのコントローラはまだ導入するな!」 ダウンロード


  • 業界12年、全国の装置メーカを訪問してわかったパソコンベースコントローラ裏話

    内容

    事例1: Visual Basic、Visual C#を導入する..........1ページ
    事例2: Visual C++を導入する.......................2ページ
    事例3: リアルタイムOSを導入する.................3ページ
    事例4: リナックス(linux)を導入する..............4ページ
    事例5: 「MOSBench」を導入する.............5ページ
    事業が儲かるコントローラ3つのポイント..........6ページ
    Windowsリアルタイムコントローラ活用4つのヒント...7ページ
    Windows リアルタイムパソコン選定3つのヒント......8ページ




    さて、ここからは

    機械装置メーカのエンジニアの方へ、

    アマチュア向けの製品とお思いかもしれません。

    しかし、最大制御対象は

    ・40軸モータ
    ・512ディジタルIN
    ・512ディジタルOUT
    ・16chの16ビットAD
    ・16chの12ビットDA
    ・8chのRS232Cポート

    のシステムを一つのパソコンでリアルタイムに動かすことができます。

    不十分でしょうか?

    プロユースにも十分対応できる自負があります。

    「MOS Bench(モスベンチ)」は、開発を始めて、13年目、

    十分成熟しています。

    13年間、鍛えられています。

    例えば、37軸の高速ICボンダに使用され、3年以上の24時間動作実績があります。

    また、2000万円のレンズを製造する超高付加価値装置にも使用されています。



    採用例1 37軸超高速ICボンダ (WindowsリアルタイムIO制御)
    JOY−RT8モーションカード 5枚
    IN128 1枚
    OUT128 1枚
    DA8ch 1枚
    COM2ch 1枚
    画像 2枚
    特殊 2枚
    Windowsリアルタイム化することにより
    タクト24%向上
    リアルタイムインタープリタ使用
    MOS Bench採用
    「業界最高速に仕上がった!」と担当部長様談

     

    採用例2 10軸NC高価格レンズ製造装置 (EXCELデータベース搭載)
    JOY−RT8モーションカード 2枚
    IN64/OUT64 1枚
    DA8ch 1枚
    手動パルサ移動対応
    MOS Bench採用
    アプリケーションはVisual Basic
    加工条件Excelデータベースと連動
    タッチパネル付きディスプレイ採用
    「50万円から2000万円のレンズ製作用!」と担当主任様談

     

     

    お客様の声1 中堅半導体装置メーカ「アスリートFA」社 
    導入担当 内藤氏 インタビュー


    タクトが30%アップ!


    アスリートFA株式会社様は、精密機械産業が蓄積された長野県諏訪市で半導体後工程製造装置、 特に、BGA/CSP半田ボールマウンタ、TAB/COFポッティングシステム、フリップチップボンダ等を開発販売されております。


    片桐: すでに何台かの装置をMOS Benchで制御プログラム開発されておられますが
    MOS Benchを導入した感想は、いかがでしょうか?

    内藤氏: 無事に装置に組み込むことができてほっとしています。ほぼ満足の行く結果がえられました。

    片桐: 突っ込んでしまいますが、「とても満足」ということはありませんか?

    内藤氏: ある装置では、タクトが目論見に対して30%アップしたことについては、とても満足しています。

    片桐: 30%アップというのは、コントローラを変えたことによって、アップできたのですか?

    内藤氏: そうです。従来のコントローラベースでは、このくらいの能力と見込んでいたのですが、御社のコントローラでは、大幅に処理能力が上がったということです。

    片桐: ありがとうございます。コントローラというと装置の心臓部だと思います。その心臓部にMOS BenchとRT8モーションカードの組み合わせを最初に導入した強い理由、動機は何だったのでしょうか?

    内藤氏: Windowsで簡単にリアルタイム制御できることです。

    片桐: つまり、慣れているWindows環境で高速機械制御ができるということですか?

    内藤氏: そうです。

    片桐: 正直なところ、導入する前に、不安はありませんでしたか?

    内藤氏: パソコンベースということで、PCのライフ、相性は心配でした。製品ソフトについては、バグがあるだろうが、時間がたてば良くなると考えていました。

    片桐: 今までのお使いのコントローラに対して、導入してみて大きなメリットは、実際どんなことでしたか?

    内藤氏: 処理能力の高さ、リアルタイム制御によるタクトタイムの向上、ツーリング時間の短縮というところです。

    片桐: 「ツーリング時間の短縮」というと、具体的には、どのようなことですか?

    内藤氏: 事前にノートPCでシミュレータを使ってコーディングやデバッグができるとか、実機用のデバッグツールが揃っていてデバッグがとても楽とか、ですね。それから、営業も含めて社内で好評だったのは、メカができる前に、パソコン1台でタクトデモというか、タクト性能お披露目会ができたことです。

    片桐: どういうことですか?

    内藤氏: 御社のコントローラにすると、マシン制御用のコントローラとGUIのPCと画像処理が一つのPCに入っているので、RTXとRT8カードの入ったパソコン1台で、タクトに関わる主要な部分の時間がわかるのです。

    片桐: 他の会社のコントローラでも、そのようなことは、できるのではないでしょうか?

    内藤氏: それは、そうなんですが、マシン制御用のコントローラとGUIのPCとか、集めてきて、配線して、手間がかかるし、シミュレータが無いので制御プログラムのデバッグがまともにできていないし、まあ、「メカができたところで、実機でやろうか」、ってなっちゃうんですよ。結局、実機が来るまで、タクトの実測ができないということなんです。

    片桐: そうですか。導入してみて、社内に何か変化がおこりましたか?

    内藤氏: 短納期で仕事ができるということが実感できて、期待度が高まっています。

    片桐: いやぁ、うれしいですね。導入したことによって、今後、仕事はどのように変わっていくと予測されていますか?

    内藤氏: 先ほども言いましたが、机上でのデバッグ作業ができること、デバッグ環境、デバッグツールが充実しているので、製造での作業時間が短縮されると思いますというか、実際にそうなっています。

    片桐: これからの目標、課題は何でしょうか?

    内藤氏: コントローラ同士のネットワーク化、それから、サーボやIOの省配線化ですね。

    片桐: なるほど。最後に、MOS BenchとRT8カードの組み合わせのデメリット、改善してほしいところをお教えください。

    内藤氏: リアルタイム性を確保するためにPCを選ぶということです。

    片桐: そうですね。耳の痛いところです。世の中にある最高技術を使おうというオープンシステムの宿命なんですよ。
    今日は、貴重なご意見をいただいて、たいへんありがとうございました。

     

    お客様の声2 大手半導体装置メーカS社 導入担当I氏 インタビュー

    片桐: すでに何台かの装置をMOS Benchで制御プログラム開発されておられますが MOS Benchを導入した感想は、いかがでしょうか?

    I氏: Visual C++に対して、できることは制限されますが、簡単に高速機械制御のプログラミングができると感じています。

    片桐: ありがとうございます。コントローラというと装置の心臓部だと思います。その心臓部にMOS BenchとRT8モーションカードの組み合わせを最初に導入した強い理由、動機は何だったのでしょうか?

    I氏: Windowsべースで今までにない高速な機械を作りたかったので、リアルタイム制御を導入することしか解決策がなかったということです。

    片桐: 正直なところ、導入する前に、不安はありませんでしたか?

    I氏: 当時は、受注寸前でしたので、もうやらざるを得なかったという状況でした。逆に、ピックアンドプレイスに適したモーションとか、PCIカード用のドライバとか、デバッグ用のツールが付いていて、自分がやる作業が少なくなりそうだと期待していました。

    片桐: 今までのお使いのコントローラに対して、導入してみて大きなメリットは、実際どんなことでしたか?

    I氏: タクト改善できたのはもちろんですが、Windowsのユーザーインターフェイスのプログラムと機械制御のプログラムが分かれて、ソフトとしてわかりやすくなったというメリットもあります。

    片桐: これからの目標、課題は何でしょうか?

    I氏: シミュレータが付いているので、装置が組みあがる前に机上デバッグをしたいですね。今回、大急ぎで立ち上げたので、ソフトがすっきりしていません。次の機種では、机上デバッグできるように整理したいです。

    片桐: なるほど。最後に、MOS BenchとRT8カードの組み合わせのデメリット、改善してほしいところをお教えください。

    I氏: 御社のMOS言語は、C言語完全互換でないので悩むことがよくあります。それから、開発環境を改善してほしいと思うところがあります。

    片桐: わかりました。少しずつ改善していきますので、問題点を都度フィードバックお願いします。
    今日は、貴重なご意見をいただいて、たいへんありがとうございました。

     

    最後に

    いくつかの「MOS Bench(モスベンチ)」採用例、導入インタビューをご覧いただきました。

    新しいものには不安がつきものです。

    新しいものを導入すると混乱がおきます。

    しかし、混乱は、あなたの会社、あなた自身の能力向上の証しです。

    不況の中、

    昨日までの現状維持で、生き残れるでしょうか?

    確かに、今のままが楽です。でもそれは、自ら、衰退を選択しています。

    国際競争力を高めたいのに、どこでも買える普通のコントローラでいいのでしょうか?

    今こそ、新技術導入で、競争力に磨きをかけ、優位に立つチャンスです。

    困難の時ほど、起死回生のチャンスが目の前にあるのです!

    知っていること、知らないでいること、

    どちらがリスクがありますか?

    すべては、情報収集から始まります。



    今すぐ、MOS Bench(モスベンチ)の価格を知りたい方は、

  • 「MOS Bench 価格表」 ダウンロード



  • 今すぐ、パソコンベースコントローラの動向を知りたい方は、

  • (資料)「パソコンベースのコントローラはまだ導入するな!」 ダウンロード


  • 業界13年、全国の装置メーカを訪問してわかったパソコンベースコントローラ裏話

    内容

    事例1: Visual Basic、Visual C#を導入する..........1ページ
    事例2: Visual C++を導入する.......................2ページ
    事例3: リアルタイムOSを導入する.................3ページ
    事例4: リナックス(linux)を導入する..............4ページ
    事例5: 「MOSBench」を導入する.............5ページ
    事業が儲かるコントローラ3つのポイント..........6ページ
    Windowsリアルタイムコントローラ活用4つのヒント...7ページ
    Windows リアルタイムパソコン選定3つのヒント......8ページ

     

     

    お問い合わせ MOS Bench資料請求、デモ要請

     

    NEWS
     

     

    HOME  サイトマップ  個人情報保護方針  サイトご利用にあたって